看板業界用語と御見積書の標語について

 |  |  | 0

【看板屋の業界用語と御見積書の標語について】

看板屋だけでは無く、どんな業種でも業界用語や短縮用語みたいな標語があります。職人方が当たり前のように日頃使用している用語ですが、事務方の私でもわからない言葉や文字を目にします。そういえば、御見積書に記載されている標語を一般人の方々は理解できるのかな?と考えてみました。

 

1.御見積書によく使うの標語

 

 

*ファザード看板=店舗入口上看板

主に建物1階の入り口上部につける横長の看板ですが、わかり易くファサードより店舗入口上看板と明記することも多いです。

 

 

その中でも、アルミ製や木製のフレームがついている看板を「平看板」と表記しています。約2cmから3cmの枠(土台)がついている看板ですね。

 

 

 

もっと薄い看板も見かけられることもあると思いますが。4〜5mm程の薄い看板です。

 

 

こちらは、「プレート看板」と呼ばれることもあります。

 

ラグレスでは、仕様をそのまま プレート看板=アルポリ+IJ と表記することが多いです。

 

アルポリ=アルミ複合板

IJ=インクジェット出力シート

 

こちらは、設計事務所様や大手元請け業社様などは、通用する用語です。

 

 

けれど、一般人の方々には、何これ?と思われる方々も多いと思います。

 

 

照明が使用されている看板もあります。

 

 

照明付き看板も、全て含めて「電飾看板」と考えられると思います。

 

 

電飾看板ですが、看板屋の中では内照式と外照式とに分けて考えます。

 

 

内照式=看板の中に蛍光灯やLEDが組み込まれている看板。外観には照明器具が見えていない看板。

 

外照式=看板面周囲にLEDなどの照明器具が取り付けられている看板。

 

 

2.立体文字の用語について

 

 

立体文字の主な種類の標語

 

*カルプ文字 発泡ウレタン・合成樹脂をベースに添加剤を加え製作された文字をいいます。

 

 ・素地=ホワイト・ブラックがあります。

 

 

 ・表面シート貼り=主にお好みのカラーのインクジェット出力シートなどを貼り付けています。セルラーHiボードと呼ばれる表面に耐熱性の薄いボードを貼り付けた文字もあります。

 

 

 ・塗装=表面シート貼りやセルラーHiボードの側面・カルプ素地にお好みのカラーを塗装すると言うことです。

 

 

*アクリル文字=アクリル板からレーザー加工やルーター加工で形どった厚みのある文字です。お好みのカラーのアクリル板を使用し、文字やロゴの形に加工した物を取り付けます。

 

 

*チャンネル文字=箱文字や立体文字と呼ばれるているのがチャンネル文字です。ステンレスや亜鉛、などの金属が使われていることが多いのですが、LEDなどの照明を組み込む際には、アクリル樹脂で製作される場合も増えています。

 

 

 

チャンネル文字の中にも、照明を使うタイプと使わないタイプがあります。

 

 

 

バックチャンネル文字が主流ですね。箱文字の中にLEDを組み込み、取り付ける壁面を照らし光を反射させることにより文字周辺が明るく光という箱文字です。

 

 

 

御見積書作成時も、箱文字+LED組み込みと明記するのか、バックチャンネル文字と明記するのかどちらがわかりやすいのかな?と迷う場合もありますね。

 

 

 

側面発光文字・表面発光文字=立体文字の側面または表面から光を発光させる文字(こちらはアクリル板で製作)

 

 

 

立体文字だけでも、数種類の素材や仕様があります。初めて看板を製作される方々には、難しいですね。

 

 

 

看板屋に施工したい看板の仕様を説明するだけでも、大変だと思います。

 

 

 

 

3.サイズ表記

 

 

 

W×H×D位は、家具などの表示でもよく見かけます。

 

 

「D50mmボルト出し」などと明記する場合もあります。何?と思われる方もおられるのでは? 

 

 

 

D50mmボルト出し=長さ50mmのボルトを使用し、文字を50mm取り付け位置から離して設置します。と言う意味です。

 

 

 
ユーザー様のご要望がこの設置方法でしたら、お調べになった末の御見積り依頼ですので、直ぐに理解できそうですが、どんな看板を設置するのがお勧めなのかを知りたい時に、こんな御見積書が届いたら、一体仕上がりはどんな物なの?と思いませんか?

 

 

そういった場合は、参考画像を添付させて頂いたりする場合もあります。

 

 

 

他にも、金属製の切り文字を取り付けたいけれど、どんな方法があり、いくら費用はかかるのかな?と考えることもありそうでうね。

 

 

 

窓ガラスに貼るシートやフィルムも同じです。

 

 

 

*ウィンドウサイン=窓ガラスに貼るシート製看板のことですね。何が目的かにより、シートの種類も価格も変わります。

 

 

 

・CS貼り=カッティングシート貼り。単色カラーのシートを窓ガラスに貼る。文字やロゴの切り文字も可能。

 

 

・IJ貼り=インクジェット出力シート貼り。印刷ですので複数カラーの写真や画像も可能。

 

 

・フィルム貼り=目隠し・ミラー・遮光・飛散防止、フィルム種類も豊富です。

 

 

御見積書の際に、不明な用語や一体どんな看板が完成するのかがわからない場合は、しっかりお問い合わせし納得出来てから依頼することをお勧めします。

 

 

 

4.まとめ

 

看板業界用語、御見積書に標記されている用語は理解できるのでしょうか?

 

今日は御見積書の主な標記例

 

*ファザード看板=店舗入口上看板

 

*プレート看板

アルポリ=アルミ複合板

IJ=インクジェット出力シート

 

*カルプ文字

素地=ホワイト・ブラックがあります。

表面シート貼り=主にお好みのカラーのインクジェット出力シートなどを貼り付けています。セルラーHiボードと呼ばれる表面に耐熱性の薄いボードを貼り付けた文字もあります。

塗装=表面シート貼りやセルラーHiボードの側面・カルプ素地にお好みのカラーを塗装

 

*チャンネル文字=箱文字や立体文字

 

*バックチャンネル文字=箱文字+LED組み込み

 

D50mmボルト出し=長さ50mmのボルトを使用し、文字を50mm取り付け位置から離して設置。

 

*ウィンドウサイン=窓ガラスに貼るシート製看板

 

CS貼り=カッティングシート貼り

IJ貼り=インクジェット出力シート貼り

フィルム貼り=目隠し・ミラー・遮光・飛散防止

 

御見積書の際のご不明な点は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

ありがとうございました。

 

 

 

看板製作・施工はもちろん撤去のご相談もお気軽に・・。

相見積もりも大歓迎です。お電話から・お問い合わせメールから大阪の看板屋ラグレスまで・・・。