看板各種についてのまとめ 

 |  |  | 0

 

【主な看板種類のご紹介

*屋上看板
ビル等の屋上に設置されている看板です。広告面も大きく遠方からの視認性が非常に高い看板です。ネオンやスポット等をつける事により夜間もさらに明るく見やすい広告性のある看板になります。
表示内容は、細かな情報を載せるよりは、ロゴマークや企業のイメージが分かるビジュアルを大きく載せる、または名称のみなど、シンプルなものが多いです。

*ポール看板
店舗敷地内の道路に面した場所にポールを建て、そこに広告を取り付けた看板です。看板も大型になるので、遠方からの目印にもなります。 遠方から眺めていて店舗が見えなくても、数百メートル前から店舗の存在をアピールすることで、なかなかすぐには止まれない走行中の車両なども誘導することが出来ます。

*自立看板
店舗や施設の名称の広告として、道路面に近い所に設置される事が多い看板です。建埴サインとも言われ、大型で電照式(内照式・アンドン・外照式・スポット)の物から小型の物までサイズも様々です。お店の顔を表現する看板としてよく使用されています。

*袖看板・突き出し看板
建物の壁面に突き出した形で取付けられる看板です。壁から直角に突出し、歩行者や運転者からもよく見えるので誘導・認知度共に高く、電照式(内照式)のものが多く市街地では大型タイプでテナントの連合看板などでよく目にします。認識度が高く、間口の狭い店舗でも存在感をアピールしてくれます。

*壁面看板(サイン)
建物の壁面に設置されている看板です。プレート式・銘板式・アンドン式・大型のものなど種類も多様にあります。最近ではLED等を使用し店舗の入口付近に設置し、店舗の広告をしたり、また壁面を飾ったり、用途に応じて壁面を活用します。

*壁面看板(チャンネル文字)
金属板などを文字の形にカットし、厚みをつけて立体文字に加工し、壁面に取り付ける看板。素材もステンレス・真鍮・銅板や亜鉛鉄板にシート貼り加工したものやカルプ素材など種類も豊富で金属特有の高級感があり、さらには優れた強度と耐食性を併せもっています。ウレタン塗装・シート貼り・金メッキなどの表面仕上を施したものもあります。大型のものでは、建物表示としてよく使われLEDなどの光り物を使用し、夜間のアピール性を発揮してくれるものもあります。

*野立て看板
店舗から離れた場所で表示される看板で、道路脇でよく目にします。遠方からのお客様を誘導する看板として抜群の効果を発揮します。山林などでも分譲地などの広告板としてもよく目にしますね。使用期間によって木枠組トタン張りのものから鉄骨組トタン張りなど素材も複数あります。スポットをつければ、夜間の効果もさらに増すことが出来ます。

*スタンド看板
店舗の前に置く看板です。両面タイプや片面タイプ・電飾タイプ・サイズも様々な物があります。近距離で見る看板なので、メニューや料金などの細かな情報を掲載しお客様を誘導するために使用することが多いです。

*A型看板
置式の看板です。折畳み式で収納にも困らず、強風時・閉店時の撤去等が簡単に出来ます。製作も安価です。軽い素材のため、通常は店舗入口に重りを置いて使用し、歩行者を誘導するために使用されることが多いです。 OPENやイベント時の広告・店のイメージや・料金の表示・駐車場への誘導など多様に使用できます。

*銘板サイン
社名板・施設名称板として、建物の入口まわりによく設置されている看板。ロゴやマークを金属板に加工などで彫り込むものが多く見られ、高級感のある看板です。

*テント看板
テント面に店名やロゴなどを入れて看板として利用します。また日よけ・店舗入口の雨よけとしても役に立ちます。

*懸垂幕・横断幕
ショッピングモールなどの商業施設で、短期間におこなうキャンペーンの告知などに使われている幕です。テント生地など素材に種類がありますが、長期使用には不向きで、強風の日には取り外す必要があります。取り付け・取り外しが簡単なものが多いです。

*ウィンドーサイン
窓ガラスを広告面として使用し、シート文字を貼付けたもの。店名・社名や営業時間の表示やイメージ画像などを貼ったり、スリガラス調のシートで目隠しに利用したり、用途もいろいろです。
その他、防犯対策の飛散防止タイプや日照対策等のフィルム施工もあります。

*電照・ネオンサイン
夜間に看板内から発光するため誘導効果バツグンです。面に光ムラがない為キレイで絵柄・文字等も見やすいものです。
夜間、営業される店舗などに使用されることが多いです。

 

 

街の中でよく見かける主な看板をご紹介させて頂きました。
これから看板の製作・取替をご検討中のお客様のご参考までに・・!